トップへ     特定商取引の表示    ご利用ガイド    お問い合せ    お買い物履歴    カゴの中を見る

  コラム- 4

マジック上達に必要なものは?

 マジックを演じたことのない人は、よく「私は器用じゃないからマジックなんかできないわ」と言われます。そんな時私は「器用さは必要ありません。不器用でも練習さえすればできるようになります」と言います。これはディーラーとしてのセールストークではありますが真実でもあります。もちろん上級者用のテクニックの場合は器用さが不可欠の場合もありますが、普通のマジックの場合は時間さえかければある程度のレベルまでは必ず上達します。

 マジックを続けていくうえで、上達するために必要なことは器用さではなく、私は理解力や判断力だと思います。手品を練習する時、一人で練習する場合がほとんどだと思います。初めから終わりまで先生や師匠につきっきりで、マンツーマンで教えてもらえることなど滅多にありません。ほとんどの人は説明書やビデオの説明を見ながら一人で練習するしかありません。この時、説明書に書いてあることが理解できなければそのマジックを練習することさえもできないのです。また手順がわかったとしても、それだけではマジックを演じることはできません。手の角度やスピード、タイミングなどもある程度理解できないと上手に演じることはできません。ビデオなどではその点はかなりよくわかりますが、実際に自分の演じる時は、手の大きさや、体格、しゃべり方、その人の性格などが演技に影響します。ビデオの通り全く同じにコピーはできないのです。本人が色々考えなければマジックをうまく演じることはできません。本人の判断力がとても重要になってくるわけです。いくら器用でもこの判断は間違うと、上手に演技することは出来ません。

Creators-shop.com